スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試し読み『北極に届く程度の想い』

※このエントリーは10月8日(土)テキレボにて頒布する新刊『北極に届く程度の想い』のサンプルです。





 前足の先を海水に浸してみる。
 思った通りだ。冷たい。冷たくて堪らないので思わず引っ込めた。
 足を浸けている氷や、肌に触れる外気のほうが温度は低い筈だ。知識としてそれは頭に入っている。なのに、触れている水を冷たく感じる。液体に対する先入観だろうか。飛び込むのがとても怖い。
 辺りを見回す。吐いた白い息が凍って景色を不明瞭なものにする。吐ききった息を静かに止めれば、濃い灰の雲と氷の陸地の境界線が見えてくる。雲の重なる下、空の果てが一番明るく白に近い。耳に届く音は無に等しく、一見すれば生き物の気配はないが、よくよく目を凝らせば遠くの流氷に海豹が寝そべっているであろう、黒っぽい点が見える。
 美味しそうだ。
 あの肉体に歯をたてる瞬間はさぞかし気持ちいいだろう。
 あれを食べたい。
 しかし、泳がないとあそこには辿り着けないのではないだろうか。
 水に入らなければ、ならない。
 態とらしく首を横に振って、水面に鼻を近付けてみる。微かに薄荷のにおいがする。
 時間稼ぎをしても意味がない。それどころか、海豹は氷に乗ってどんどん流れて遠くに行ってしまうだろうし、先程から氷の岡に隠れてこちらを窺う雌のシロクマは、くすくすと笑っている気がする。きっと僕に意気地がないから、嘲笑っているのだ。
 僕は黒い鼻から大きく息を吸い込むと目をぎゅっと瞑って四肢に力を込め、体ごと傾けて海に飛び込んだ。
 多分間抜けな音がして大きく波飛沫がたっただろう。が、僕が聞いたのは耳を滑っていく空気の小さな玉のぼこぼこという音だけだった。予想はついていたが、陸にいるよりも寧ろ暖かい。
 恐る恐る目を開いてみると、水の青が視界に飛び込んでくる。見下ろせば前足の先には、藍の空がどこまでも深く広がっている。僕の四本の足は動かなかった。このまま、深海へと沈んでいくのだろう。

 目を開くと同時に全身汗びっしょりであることに気が付く。僕は唸り声をあげながら身を起こした。喉がからからに渇いていて声が掠れている。
 いつものアパートの一室だ。僕の部屋だ。しかし見慣れた風景ではない。






『北極に届く程度の想い』 A5/26p/300円
webカタログにも詳細を載せています。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。