フリーワンライ140 「水仙の鏡」

舌で舐めとる恋の味/「おちて、おちて、おちて」/鏡の中の





 お見合い結婚でしたので、あの人の本来持ち合わせている性根といいましょうか、性格を与り知ることはなかったのですけれども、本当はとても善良な方であったとの声は方々から聞きました。他人の気持ちを推し量ることの出来る方で、そして掛ける言葉は百合の花弁を指先で撫でるときのように柔らかく、そのため沢山の方から慕われておりました。
 あの方が皆様の噂通りの姿で私と生活を共にしておりましたのは最初の数週間だけのことでしたので、私の不甲斐ない記憶力ではもう、その後の陰惨な日々ばかりが蘇ってくるばかりで御座います。
 切っ掛けは六月十八日のことでした。日記にもそう残してあります。
 私の我が儘で、あの方に姿見のおねだりをしたのが始まりです。
 そうです、全ては私の所為なのです。
 嫁入り道具に小さな、それこそ身の丈に合った鏡台は持ち込んでいたのですが、新しく設えた着物をどうしても眺めたくなったのです。全身を映すとなれば、それまでは縁側の硝子障子の前に立って朧げな影を捉えるか、写真館にでも行って写していただくか位しか選択肢は御座いません。そう言うと、あの方は優しく微笑んで直ぐに手配をしてくださいました。
 数日も経たずに家に届いたのは、水仙の彫り物が周りの木枠に施された、風変わりな姿見でした。
 こんな装飾、見たことがない。
 あの方は興味深そうに枠を指でなぞって、それから一点の曇りもない鏡を覗き込んでおりました。私はその後ろ姿を微笑ましく眺めたものでした。あの方が二人に増えたら、こんなに素敵なことはないですもの。この世が持つ至宝が二倍に増えるのですから。そして両手に花、もとい、両腕であの方と腕を組めれば、幸福感でどうにかなってしまいそう。
 そんな愚にもつかない空想をしていると、鏡の中のあの方が一瞬だけちらりとこちらをご覧になりました。鏡のこちら側にいるあの方は上辺の水仙に目を取られているのに、鏡の中の視線は真っ直ぐに私を捉えておりました。いつも私に向けられるような柔和な笑みではなく、ひとかけの笑いもない、感情をなくした顔でした。
 私は何が起こったのか未だ理解していなかったのですけれども、反射的に半歩下がっておりました。それから今見たものが確かに不気味なものであったとようやく認識して、ずっと黙り込んでいるあの方の名前を呼びかけました。
「おちて、おちて、おちて、おちて」
 それは私への言葉では御座いませんでした。けれど、最後にこちらに向けられた言葉であったように今では思われます。
 その言葉は鏡の中から響いて、そしてあの方に反響しているようにも聞こえました。
 それからあの方は命を落とすまで、一度たりとも鏡の中のご自身から目を離すことは御座いませんでした。私の力でも、町の男たちの力でも引き剥がすことは出来ず、あの方は狂ったように鏡に、いえ、鏡の中のあの方の姿に見蕩れてしまっておりました。私がどれだけ泣いても、食事を摂ることもなく、排泄時も鏡の前から離れることなく。鏡の中のあの方を口説いては、放心したように眺め、そして鏡に口付け、鏡の中のあの方に舌を這わせております。あの方は鏡の中のあの方に恋をしているのです。
 全ては私の責任なので御座います。私が我が儘を言ったり、身に余る妄想をしてしまったせいなのです。せめてもの罪滅ぼしに、私はずっと傍に居ることを誓いました。

 奥の間にあの方は未だ居ります。興味がおありならご覧になってください。もう百年もずっと同じ体勢で、鏡を覗き込んでおりますので。