欄間

#Twitter300字ss





 当時二十歳だった曾祖母が出産のため実家に帰った時を見計らって、曽祖父は女を連れ込んだという。しかし女は一晩も経たぬ間に逃げだしてしまった。和室の欄間飾り、あの襖と天井の間を彩る菱形の一つを埋めるようにして、目が覗いていたのだという。使用人か誰かが妙な気を起こしたかとも思ったが、しかし、立っている人の頭が届く高さでもない。梯子を使ったところで、首や胴体も隙間から見える筈だ。
 と、いうことは。
 覗いていたのは曾祖母の生霊だという結論がついて曽祖父は生涯浮気をせず、こうやって一族が繁栄している訳だが。
 そんな筈はない。生霊など。
 だったらさっきから大伯父の葬式を欄間から覗いているあの目は何だというのだ。