スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和風即興創作「或る晩の記憶」

利用お題: たおやかな 詠み人知らず





 目を覚ましたのが宿坊であると気付くまでに暫くの時間を要した。
 普段の癖で携帯の画面に現在時刻を求めようとして布団から手を伸ばしたが、今は鞄の奥深くに電源を落として仕舞っている。仕方がないので、遣るところのなくなった腕は額に乗せて、目を閉じ静かに溜め息を吐く。
 真夜中、である筈だ。と言っても、寝入った時刻が日の入りからさして経っていなかったため、常ならばまだ起きて事務作業をしている時間かもしれない。
 宿坊で一晩を過ごす旅行をしようと申し込んでみたが、こうやって中途半端に目が覚めてしまうあたり順調ではないという気がする。
 寝返りを打って目を開く。
 障子越しに白い月明かりが輝っていてやけに眩しい。はて、今宵は満月であっただろうか。
 誘われるようにして半身を起こすと衣擦れの音が耳に響いた。それ以外は無音で、何か禁忌を犯しているような錯覚に陥る。
 慎重に、慎重に。まるで誰かからそっと逃れるように。布団から這いずりでて障子に歩み寄る。足が畳を走る音は何故か耳には届かなかった。
 開けて見た空には雲一つなく、空の真ん中には満月が浮かんでいる。それがあまりに明るくて、周りの星は一切視認することが出来ない。
 眩しい。月とはこんなにも網膜を刺激するものであっただろうか。ただ太陽の光を受けているだけなのに、まるでそれ自体が発光しているかのようだ。
 美しい。
 と、口に出して言ってしまっていたらしい。
 月から遥か離れた地上の、宿坊に面した庭で動いた影があった。どうやら僕の発した言葉に反応したようだ。
 「おや」
 向き直った人影が、僕の口を開けたままの間抜けな顔を認めたらしい。同時に、こちらも相手の姿を目にすることが出来た。
 艶やかな赤の着物姿だ。振り袖だ。日のもとに晒したら大層映えるだろう。芥子色の帯には細かな文様が見える。一見すればどこぞのお嬢様のような出で立ちなのに、僕は直ぐに別の箇所に目を引き寄せられていた。
 剃髪されている。
 若い顔立ちであるのに髪の毛がない。ここが寺であるので当たり前と言えば当たり前なのかもしれないが、僧侶にしては着ているものが異質だ。
 化粧を施していないためかあどけない顔をしているように見える。睫毛が長く輪郭は女性らしく丸みを帯びている。そして何より、頭の形が喩えようもなく美しい。均整が取れている。
 まじまじと観察しているにも関わらず、彼女は暫く感情の読めない目でこちらを見ていた。しかしじきに、何かを思いついたとでも言いたげなきっぱりとした態度で歩み寄ってきた。
 「どうか誰にも言わないでください。嫁入り前にお寺に入ったけれど、この振り袖だけはどうしても手放せなくでこっそり持ち込んだの。こうやって誰の目もない夜だけに着て、昔を懐かしめるようにと」
 そう言った声はたおやかに僕の耳を撫でた。彼女そのもののような声だった。

 つくづく不思議な夢だ。
 出家した筈の尼がこっそり私物の振り袖を持ち込んで、夜な夜な着用していた。目撃してしまった僕の口止めをするために、彼女は。
 そこまで思い出したところで慌てて首を振って記憶を振り払う。ここは寺だ。この回想は、あまりにもこの場にはそぐわない。
 今朝は日の昇らないうちから読経を聞いた後、この地域に纏わる説話を聞く算段になっていた。
 部屋を移動した僕は、史料の巻物を見て息を飲むことになる。
 詠み人知らずの悲恋の歌のあしらわれたそこには、一人の尼の姿が描かれている。赤い振り袖を纏って、共に逃げる約束をした男をいつまでも待つ彼女は、未だにここにいるのだと妙に確信した。








フリーワンライ119 「綿飴のような恋心」






 あの街の西端にある洋館に棲むあのお嬢さんはまた婚約を破棄されたらしい。
 我々は彼女の不思議な境遇の謎を探るべく、彼女の奥地へと足を踏み入れた。
 閨房、である。
 取材に応じてくれたお嬢さんは実年齢の割には大人びて見えた。それはひょっとすると、部屋の調度の所為もあるかもしれない。洋館に相応しい広い面積のベッドにかかるシーツは桃色よりも落ち着いていて、細やかな花柄があしらわれている。だがお嬢さんその人の所作、具体的に挙げるならばその視線、佇まい、椅子に腰掛けた姿勢、顎に当てた人差し指と中指、ティーカップをまるで重いものであるかのように持ち上げる所作、紅茶を啜る音のない音が、神秘を纏っている証拠のように見えてくる。
 朝食はいつもこの部屋で摂っているのですか。
 当たり障りのない話題から持ち掛けてみる。
 「他にもっと聞きたいことがあっていらっしゃっているのでしょう」
 お嬢さんは目を伏せたまま静かに言った。長い睫毛が、窓から射し込む夕日を浴びて橙色に煌めいている。
 では。
 単刀直入に訊いてみる。
 何故、なのかと。
 「まず訂正させていただきたいのは」
 彼女は目を見開いて、しかし、こちらには一切視線を寄越さずに言葉を紡いだ。
 「結婚をお断りしたのはこちらから、ということです。今回だけではありません。貴方がご存知のわたくしに関するかつての婚約も全て、こちらからお断りしたものなのです」
 何故。
 「わたくしの恋心は綿飴なのです」
 何故。
 「続きは明日にいたしましょう。それまでに貴方なりに答えを用意して頂戴。明日の午後四時にまた、屋敷の門のところにいらして」
 お嬢さんはそれだけ言ってしまうと、目を閉ざして紅茶を啜った。その日はそれきりで、まるで我々が居ないかのように振る舞い始めたので閉口した。

 「舌で触れると、甘味だけを残して消えてしまうでしょう、綿飴は」
 答えを述べないうちから、何故回答を始めてしまうのだろう。
 翌日の午後四時、我々はお嬢さんの気まぐれの秘密を探るべく閨房へと足を踏み込んだ。
 「殿方の味が分かると、もう興味がなくなってしまって」
 猥談ですか。
 「そんな意味深な話ではございません。わたくしは未婚ですよ。…ただ、舌で触れるだけ」
 彼女は物憂げなまばたきをしている。
 「この前のお方は、まさしく綿飴のように甘かった。でもそれきりよ。味わったら最後、それきり何もかも、感情が消えてしまって。相手が見えなくなってしまうの」
 つまり、結局結婚するつもりはないと?
 「しないのではなくできないのです。どうしても、舌で触れたくなってしまって、我慢ができなくなって」
 吸血鬼のようだ。相手に恋すれば恋する程、相手の血を吸って相手を追い詰めてしまう。
 そう声を漏らすと、お嬢さんはくすりと笑った。
 「意外に陳腐なことをおっしゃるのね。でも、吸血鬼なんて見出しはやめて頂戴。見出しを決めたら明日の午後四時にまた、屋敷の門のところにいらして」
 我々はお嬢さんに気に入られた可能性に思い至って戦いた。いずれ彼女に舌で触れられて、跡形もなく消え去ってしまうのだろうか。
 それでも良いと、我々のうち一人は述べていることをここに報告する。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。