スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーワンライ94 「三分、待てど」






 「ラーメンが…出来上がってない!麺がかたい!」
 彼女が立ち上がって叫び、アパートの壁と天井を揺らしたのは午後十一時半のことだった。
 「うるさい」
 同居人を窘めたほうの彼女はしかし眉根を寄せたまま、テーブルに設置してあるUVレジンのライトを体育座りで覗き込んでいて、どうやら本気で注意している訳ではないようだ。
 「おかしい、三分経った筈なのに全然レジンが固まってない。べしゃべしゃだよ、べしゃべしゃ…」
 その証拠に、何やら一人でぶつぶつと呟いている。風呂上がりの折、簡易的にピンで留めた前髪は既に癖となって明日の朝に多大な影響を与える兆しを見せているが、本人は今のところそれに気づいていない。
 叫んだほうの彼女は自分に構おうとしていないその態度が気に食わなかったらしく、三十秒前に意気揚々と割った箸で相手を指した。
 「レジンに対してべしゃべしゃはおかしいだろ!固まってないなら普通とろとろとか、べたべたとか、言うだろ!」
 悲しい哉このアパートの一室には二人の女性しか居なく、突っ込むところはそこではないと、突っ込む人間はいない。
 機械を覗き込んでいたほうの彼女は漸く顔を上げて、相手の箸と顔を交互に見た。
 「言い方がいやらしいな、欲求不満なの」
 「は!?」
 全体的に声の大きいほうの彼女は、大きな声で一音発声してカップラーメンを取り落とした。三分前にお湯を注いだ容器は、床に当たった衝撃で蓋が開いて中身が飛び出て部屋のカーペットまでも汚す、かのように思われた。実際カップ麺を注視していた二人はそうなると頭で判断して注視していたが、二人の目の前で、カップラーメンはごとりと音をたてて床に転がった、だけだった。一度半分ほど開封して出来た隙間からは水分の溢れ出す気配はなく、まるでお湯を注ぐ前の状態のようだ。
 「…ねえ、まさか、ラーメンが出来上がってないって、お湯を注ぐのを忘れちゃった!とかそういう落ちじゃないでしょうね。つまらないと思う」
 前髪に癖の出来たほうの彼女はじろりと相手を睨みつけながら言う。
 「いや、湯は注いだ…と思う。あれ?」
 途端に相手はしどろもどろになって、目も泳ぎ始めた。
 「あんたのことずっと考えてたから、記憶が曖昧になったのかも…私はやっぱり欲求不満なのか」
 「いやありえないでしょ」
 「何でだよ!」
 先に私が欲求不満だって言ったのはあんただろ、などとぼやきながら、彼女は出来上がらなかったカップ麺を拾う。既に二人が確信していた通りその中に水分の入った跡はなかった。
 「よし、では次にレジンが固まらない謎を共に解こうではないか、小林くん」
 「何だよ、急にキャラ変えんなよ、小林って誰だよ」
 努めて反抗的に突っ込みを入れながら、彼女はカップ麺を持ったまま機械に歩み寄った。中の空洞を覗き込んだものの、中は暗闇になっていて何も分かったものではない。
 「え、これ明るくない。スイッチ入れ忘れちゃったってだけじゃ…」
 と、言いかけた彼女の視界が急に暗くなった。
 「は!?」
 癖となってしまっている素っ頓狂な声を上げた彼女が、相手の掌に両目を防がれたのだと気づくまでに、三秒。
 「三分待って」
 闇の中に彼女の声がする。
 「三分経ったら、恥ずかしさも収まる、顔が熱いのも治る、気がするから」
 「…湯を入れ忘れた私をつまらないと言ったよな、確か」
 両目を塞がれたままの彼女は他愛のないことを口にするように、しかし面白がっているのを隠しきれていない様子で呟いた。
 「言わないで!」
 「…私が、今日あんなこと、言ったからか」
 「言った自分だって動揺してる癖に。何がラーメンが出来上がってない!よ」
 「あんたが答えてくれないからだろ」
 「…」
 「なあ、三分経ったら、良いのか悪いのか、答え教えてよ」
 「…やだ」
 「は!?」
 三度声を上げた彼女の視界は、相手が覆いかぶさって来たので更に暗くなった。





フリーワンライ93 「しじま君」

使用お題 語らう夜に/恋は罪悪/世界一の○○/静寂(しじま)





 四十万(しじま)君は夜に恋人と語らうときのみ、静寂に包まれたような口調になる。
 「恋は罪悪ですよ」と。
 まるで夏目漱石御大の作品に出てくる誰かのようなニュアンスで、丁寧に言う。
 これが朝か、もしくは昼だったならばもっとうるさく大音量の声で、まるで踏切のこちらと向こうにいるかのように叫びながら、少しぞんざいな調子で話をする。四十万君の恋人も同僚も、耳栓をするくらいで丁度良くなる。近頃彼は、折に触れて自ら耳栓を配るようにしている。誰も彼も不思議そうな顔をするが、一分と経たないうちに耳栓の必要性を知ることになる。
 四十万君の恋人も、最初の夜を迎えたときには思わず耳栓を外して、「え?何ですって?」と聞き返さなければならなかった。結局そのとき四十万君が何を言ったのかは未だに分かっていない。
 彼女は今では慣れたもので、四十万君の口もと20センチに耳を近づけ、目を閉じてその声に耳を澄ませる。四十万君の声は、風のない夜の浜辺のようだ。波は寄せては返し、音は止まないが、しかしどこか安心させる律動がある。
 「恋は罪悪、なの?」
 なぜ恋人に対してそんな配慮のないことを言うのか。本当は付き合うことに対して否定的なのだろうか。
 彼女は本当は傷ついているが、それを表情に出さないように努めていた。目を閉ざしているのは、もしかすると本当は涙を体の外に出さないための努力かもしれない。
 「いえ、発音が良いと思って、言ってみただけです」
 四十万君は声に似合った穏やかな表情をしているのだろう。まだ彼女は、相手の優しい顔を見ることが出来ない。
 「こい、と強い発音が来たあとに、ざい、と流れるような音、そして最後にあく、のく。カ行って強いですよね、何というか。僕もカ行のような、強い男になりたいです」
 「…言っている意味がよく、」
 分からない。
 彼女はシーツでごしごしと目を擦ると、改めて四十万君の顔を見た。至近距離にいる相手の顔はまだぼやけている。
 「どうかしましたか、丸々さん」
 四十万君は彼女の名前をもじって、いつもそうやって渾名で呼ぶ。それが今に限っては何だか揶揄されているように思えて、彼女は肩を震わせた。
 「貴方が、変なこと言うからでしょ」
 四十万君は恋人が泣いている理由が分からずおろおろするばかりだった。何故四十万君と交際しているのかと、彼女は頭の中で繰り返し思ったことを今日も思う。
 別れられないのはきっと、最初の夜に四十万君が囁いた言葉の内容がまだ気になっているからだ。喉に小骨が刺さっているかのように気にかかっているから、中々離れられないのだ。
 彼女はそう結論づけることが多かった。そこに至れば決まって四十万君を問い詰めたが、彼は顔を赤くして首を横に振るばかりで、そのときは、朝であろうと昼であろうと夜であろうと何も言わずに静かになるのだった。
 名前のごとく。
 「泣かないでください、丸々さん」
 四十万君は静かに言う。
 「じゃあ最初の夜に何て言ったか教えて。そうしたら頑張って泣き止むから」
 四十万君はまた赤面したが、今度ばかりは首を振らずに思いつめているようだった。
 今夜こそは聞けるのか。
 「…丸々、さんが」
 その言葉を語り始めた四十万君は、まるで浜辺の波が収まってしまったかのような声をしている。この静寂が自分を惹きつけて止まないのだと、彼女は本能的に察知する。
 「僕にとって、世界一の…」
 彼女は呆けたように口を開いて四十万君を見つめていて、確かに泣くことを忘れ去ってしまっていた。





フリーワンライ91 「灯台躑躅」

※自主練編



 灯台が故障したようだとの連絡を受けてツナギ姿の修理屋二人がその岬に向かったのは、明るい昼下がりのことだった。
 「…履き違えてるよなあ」
 修理屋の先輩は、コンクリートの白い灯台を見上げる距離まで近づいたところで足を止めてぼそりと呟いた。
 「えっ、何か言いましたか、先輩」
 修理屋の後輩は丁度耳を掻いていたので相手の言ったことが聞き取れなかったらしく、能天気な声を上げて問うたが、先輩は取り合わずに灯台へと歩みを進めていく。後輩はまだ耳の痒みが気にかかるらしく、今度は工具などの入った大きな鞄を置いて、軍手を脱いで一本指を耳の内部に触れさせた。
 「何か、詰まってる気がするんだよなあ。今日は波の音も先輩の声も聞こえない」
 「お前が俺の話を聞いていないのはいつものことだろ。ほら、とっとと片付けるぞ」
 「あっ、待ってくださいよお」
 白い扉に鍵を差し込んで、先輩は出入り口の扉を開けた。ぎぎぎぎという大仰な音に続いて、彼は迷いのない一定の足取りで灯台の中へと進んでいく。後輩も見失うまいと、荷物を抱えて灯台に走り込んだ。
 「うわっ、何だこれ」
 後輩が声をあげたのは足元を見たせいだ。本来ならば日の光が届かず、真っ暗闇になっている筈の床が、一面濃い桃色で埋め尽くされている。しかし暗がりに目が慣れていないために、暫くは沈んだ紫色に二人の目には映っていたのだが。
 「躑躅の花だ」
 「躑躅」
 成程、よくよく見てみれば花弁だった。
 後輩は花を拾い上げてまじまじと観察した。
 「お前見てなかったのか、本来光源になるはずの上の部屋、まっピンクだっただろうが」
 「まじですか、全然気がつきませんでした」
 「耳の次は目までお陀仏かよ…まあいい、上の部屋、行くぞ」
 先輩は灯台の中に溢れかえった花という状況には無頓着に、目の先にあった階段を上っていく。後輩も遅れまじと続いたが、灯台の壁に沿った螺旋階段を埋め尽くすように花は落ちていて、踏みつけて滑ってしまいそうになる。後輩の足取りは自然と慎重なものになった。
 大体、重い荷物を持たされているのに、と後輩は愚痴っぽく思う。
 何故先輩はいたいけな後輩を放ってずんずん先へ進んでしまうのだろう、と。
 二人が上っている間にも濃い桃色をした花弁は、どこからかはらはらと降り注いでくる。一度だけ後輩の肩に当たったが、それは彼が予想していたよりも重厚感があって痛みを覚える程だった。
 「先輩、何なん、ですかね、この、花たちは。誰かの、悪戯?」
 進むごとに段々と息を切らしながら、後輩が声をあげた。
 「さあな。上に行けば分かるだろうよ。それにしても、履き違えてるよな」
 「何のこと、ですか」
 ツナギのポケットに手を突っ込んだまま、息を乱さず先輩は進んでいく。
 後輩の体感で一時間程、正確に言えば三分で、灯台の最上部への扉が見えてきた。管理人から預かっていた鍵を取り出した先輩の予想に反して、鉄の扉は半開きになっていた。
 中から絶えず吹いてくる風に乗って躑躅が舞い、光に包まれた視界を余計に不明瞭なものにしている。
 「灯台躑躅はそれそのもので植物の名前でな、灯台に似ていることから名前が来てるんだ。躑躅の花じゃないぞ」
 先輩は部屋の中に向かって、殆ど叫ぶように声をあげた。
 「なんですって」
 遅れて到着した後輩が、息も絶え絶えに蹲りながら聞いた。
 「お前に言ってるんじゃない。というかお前、若いんだからもうちょっと鍛えろよ。今階段のぼっただけだぞ」
 「いや、年齢は先輩とそこまで変わんないじゃないですか…うわっ、何だここ」
 息を整えながら漸く部屋を目にした後輩は驚いてひっくり返った。空間には、灯台の入口に積もった花とは比べ物にならない量の躑躅が落ちている。床一面覆い尽くされているので躑躅畑かと見紛う程だった。
 「お前、あまりここに居ないほうがいいかもな、耳がおかしいの、多分花粉だろうから」
 「花粉…?そう言えば、風邪かと思ってたけど、鼻もさっきからおかしいんです」
 「これだけ花に囲まれていりゃあな」

 結局、後輩は灯台の外で口を開いて、頂上部の先輩の仕事を仰いでいた。先輩はせめて夜になっても明かりが辺りに放たれるようにと、躑躅の花を上の部屋から空へと放している。あれ程多量にあった筈の濃い桃色が散り散りに、海に落ちていった。
 修理屋では二人で行動していたが、思えばいつも仕事をするのは先輩で、最終的には後輩は体育座りで眺めているばかりだった。何が起こったのかも分からず後から話を聞くこともしばしばだ。
 「今日のあれは何だったんですか」
 「無学な灯台の幽霊」
 しかし、先輩のそっけない語りを聞いてもよく分からないのもまたいつものことで、後輩は今日も落ち運ぶだけの重い荷物を抱えて、先輩の後をついて事務所に帰るのだった。





フリーワンライ92 「目薬/ソーダ水越しの景色/肌寒い夜は」




 目が痛いと泣いている彼に好かれと思ってソーダ水をかけた時から、私は彼のことが好きになっていたのかもしれない。

 「ちょっとまだ準備出来てないってどういうこと!?出発は明日の始発だって言ったじゃない、あっ、もう明日じゃなくて今日だ…」
 彼は掛け時計を見上げて青ざめながらそう言った。
 既に日付が変わってから三十分以上経っている。
 私にとっては殆どどうでもいいことだったので、座り込んだままぼんやりと、開いたままの旅行鞄を眺めていた。それがまた彼の逆鱗に触れたらしい。加減を忘れてしまっているのだろうという、かなりの強い力で腕を引かれた。仕方なく立ち上がれば、初めて自室が惨状と言っても差し支えないくらいに散らかっていることに気付かされる。
 道理で旅行の準備が進まない訳だ。
 「まあまあ、落ち着いて、ソーダでも飲みなよ」
 私は昔買って貰ったまま部屋に在り続けている学習机に置いていた透明のグラスを差し出した。なみなみと注いであるそれは、思えば全く口をつけていないので注意を払っていなければ中身が溢れ出てしまいそうだが、彼はそんなことに頓着せず、乱暴にグラスを受け取った。ソーダ水は一滴もグラスの範疇を超えなかった。
 変なところで器用なのだ、この男は。
 「何これ、気が抜けてるじゃないの」
 「何を失礼な、こう見えても考え事に忙しくて、そんな準備を疎かにしていたつもりでは」
 「違う、あんたじゃなくて、このソーダ。いつ注いだの」
 「…さあ」
 「さあって…」
 確か考え事を始める前だった筈だ。
 「日の暮れるちょっと前かな」
 彼は私の言葉を聞くと、半分だけ飲んだソーダ水を机に置いてがっくりと項垂れた。怒ったり悲しんだり、見ていて飽きない人だ。
 「出掛ける気がないなら初めからそう言ってよ…楽しみにしてたこっちが馬鹿みたいじゃない」
 「そんな、やる気がなかった訳じゃないんだけど、だって…温泉とか言われてもぴんと来なかったし」
 「ただの温泉じゃなくて、炭酸。血液の循環が良くなって冷え性とか、治るんだよ。あんたいつも手足冷たいから。温泉に浸かったら、少しは良くなるかなって」
 そう言って彼は無遠慮に私の手を掴んで、徐ろに揉み始めた。昔ならばすぐさま振り払って蹴りを入れる場面になるが、今ではそんな気力も起こらない。
 「そんなのいいよ、いつも何だかんだであつくなるし。この前の肌寒い夜だって、最後には」
 手を振り払ったのは彼のほうだった。顔をにわかに赤くして、焼餅のように頬を膨らませている。
 いや、そういうのは女がやるのがあざとくて可愛いんだって、普通逆だろ。
 私は思ったことは言わずに、床に散らかっている物を鞄に放り入れる。出掛けるつもりがない訳ではないのだ。着替え、化粧水、文庫本、順に鞄の中に堆積させていく。いつの間にか部屋の隅に追いやられていたポーチを鞄まで投げれば、不意に彼が邪魔をするようにポーチをキャッチャーよろしく取り上げた。
 「まだこのポーチ使ってるんだ」
 「だって初めて買ってくれた物だし、悪い?…って、ちょっと!」
 彼が許可を取ろうともせずにポーチを開けたので、私は声を荒げてしまう。
 「雑誌の付録だったし…こんなもの、いつまで取っておくの。また新しいの買うから」
 そう言いながら臆することなく中身を検分し始める彼は、手に当たったものを不意に取り出して暫く眺めてから、部屋の電灯に透かして見た。
 彼の手の中で余計に小さく見える、目薬だ。水面が電灯を通して、彼の顔にきらきらと紋様を作っている。
 私は取り返すことを忘れて彼に歩み寄り、一緒にその容器を見上げた。
 「…炭酸なら、目にも良いいかもね」
 私の言葉に、思わず彼は吹き出す。多分他の人が聞いていたらなんのことだと訝るのだろうと予想しながら、私も少しだけ笑ってしまう。
 「って、笑い事じゃないよ。私が頑なに目を閉じていなかったら、ソーダを浴びた目は今頃どうなっていたことか。よくやった、五歳の私」
 「でもその後、直ぐに大人に目薬を貰えたから良かったじゃん」
 「それからはあんたが専属の目薬係みたいになったんだよね。いつソーダをぶっかけられるか、暫くは気が気じゃなかった、本当に怖かったんだから」
 彼の顔は、とても恐怖体験を思い起こしているようなものではなかった。その表情を見ていると、私の体温は自然と上がってしまう。
 果たして冷え性に効く炭酸の温泉など必要なのだろうか。
 そう思いながらも、それからの準備は不思議と捗った。





フリーワンライ90 「隠れ鬼の運命」




 ああ、小学生の頃にやったっけ、そんなの。あったよね色々。ただの鬼ごっこじゃなくて、氷鬼とか、色鬼?とか。で、何だっけ、隠れ鬼?鬼が隠れるんだっけ。逆に。
 「逆に、じゃないよ」
 ああ、隠れんぼして、見つかった後に鬼から逃げるやつ、か。何でそんなこと、この年齢になってやらなきゃいけないの。面倒だなあ。大体、私とあなたの二人なんでしょ。成り立つの?それ。
 「成り立つよ」
 私の視線は会話をしている相手から、チラシを配る女性へと移った。多分、充血して赤くなっている相手の目を平静な気持ちで見ていられたくなったのだ。そういうことにしておきたい。
 駅前の広場は高いビルに囲まれているので風が強い。ベンチに座って何十分経っただろう。電話で呼び出されて家から飛び出してきたが、今は厚手のコートを着てこなかったことを後悔している。
 空は高く、雲はなく、晴れ渡っているというのに。休日の昼間から、特別何をする訳でもなくベンチに腰掛けたまま喋っている二人。
 私たちは通行人の目には、恋人同士にでも映っているのだろうか。
 今日会ってから多分二人とも一度も笑っていないから、別れ話をしているとでも思われているかもしれない。
 で、何で隠れ鬼なの。
 「だって、似てるから」
 似ている?何が。
 「相手が自分から隠れてることを知ってて、それでも捜さなきゃいけなくて、見つけたら見つけたで、逃げられるじゃない。どれだけ嫌われれば済むのよっていう」
 私は何も言わずに立ち上がって相手の胸倉を掴んで、思い切り背中を反らしてから相手に頭を打ち当てた。こんなとき大抵の女性なら平手打ちをするのだろうけど、私の掌はあまり大きいほうではない。上手く相手の頬に当てられるかどうか自信がなかったのだ。
 手を離せば、相手は唸り声を上げて蹲った。そのまま再び啜り泣きを始めたので、また頭突きをしてやろうかとも思ったけど、あまり行動が過ぎると、先程からちらちらとこちらを見ているチラシ配りの女性に通報されてしまうかもしれない。警察のお世話になってしまうのは喜ばしくない。
 仕方ないので私はしゃがみこんで、相手の耳許に口を近付けた。
 じゃあ私が鬼ね。あなたが逃げ切れたら、付き合ってあげる。その女みたいな口調も直さなくていいよ。
 本当は男らしい人が好きなのだけれど。
 あまりに驚いたのだろう、私を見上げる相手は口を開けたまま呆けた顔をしていたが、暫くしてから我に返ったように私のズボンを掴んだ。
 「待って、逃げ切れたらって、いつまで?私が貴女から完全に逃げ切ったら、一緒になれないんじゃない」
 ちっ、気付いたか。
 舌打ちをしてそっぽを向く私に、また涙目になる相手。
 本当は相手の情けない顔が見たくて、こんな類いのやりとりを何度も何度も繰り返してきたのだ。
 やっぱり、私が逃げ続けるしかないかな。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。